今回はmonotribeとMachinedrumを同期させてみました♪

KORGのmonotribeは本当におもしろいです!
今回はそのmonotribeとElektronのMachinedrumを同期させて遊びました。(Machinedrumもおもしろいですよ!)

monotribeのOutputからMachinedrumのInput Aへケーブルを接続!
MachinedrumのGLOBAL設定からルーティングをちょっと変更してOutput Cからmonotribeのsync inへ同期信号を送りました。

Machinedrum out C (GLOBAL→ROUTING→16-M4 = C)→monotribe Sync in
monotribe Audio out→Machinedrum INPUT A
Machinedrum 09-CH = INP▶GA▶SYNT
Machinedrum 16-M4 = GND▶IM▶SYNT

これでmonotribeの音にエフェクトをかけることができました!ヤッタネ!
興味ある方はやってみてください!楽しいですよ〜♪♪♪

3分くらいからエフェクトをかけ始めてます。

動画の最後のほうは盛り上がっているのにフェードアウトしたのはMachinedrumでフィルターかけた(両手でツマミをつまみました)時にカメラを固定するスタンドにぶつかって動いてしまったからです(笑)
動画を撮るときは緊張してしまいます!

録画は無料アプリのMoso、録音はTASCAMのDR-2d、編集はiMovieです。
今回はフェードアウトの方法を覚えました!!!

広告

動画を撮ろう!

昨年ロジクールのWebカメラを購入しました。Windows XPのパソコンで1度だけつかったのですが、PCが古かったせいなのか、録画はできたけど、録画の最中の映像が白黒で縦に4分割されてしまいなかなかつかいにくく(笑)それ以来つかってませんでした。

購入したWebカメラはロジクールのWebcam Pro 9000 QCAM-200SXという製品です。赤い輪っかのLED?が素敵です!

最近買ったMacBookならスペックも高いし、イケるはず!!!と思いましたが、なんとこのWebカメラはMacに公式対応してないようでした。

でも、つないだら使えるってインターネット上での書き込みをみて僕も挑戦しました。

つないではみたものの、どうやったらこれで録画できるのかわからず、3時間ほど悩みました。いろいろ試行錯誤してなんとかカメラの輪っかが赤く光りましたw

iMovieでつかえたらいいなぁっと思ったのですが、iMovieではこのWebカメラを選べませんでした。残念。

どうにかしてこのWebカメラを活用したいと思い、検索してみたらMosoというアプリがあることを知りました。
App Storeで無料のをゲットしました!

Webカメラも認識してくれました!うれしい!!
無料のTwitterのアプリもみつけてそれもゲット!いいですね!

iMovieはかっこいいので、いつの日か使いたいです♪

時間はかかりましたが、なんとかWebカメラ使えるようになってよかったです!
App Storeも活用していきたいです!