TASCAMのMTRとEl Capistanを使用した動画(cassette tapeloop)

久しぶりにbandcampでリリースをしました!

カセットテープをループする加工をしてTASCAMのMTRを使って録音、そして再生したときにそれぞれのトラックの音量を調節したものです。お気に入りのペダルEl Capistanも使いました。
カセットテープにはKORGのアナログシンセmonotribeの音を録りました。
テープならではの温かみのある音、レトロな雰囲気もでて面白い作品に仕上がりましたので是非チェックしていただけると嬉しいです!

My first tapeloop session

YouTube

5年ほど前にもテープループのカセット作りに挑戦していたのですが失敗をし諦めていました。今回、コロナウイルスの影響で家にいる時間がとても増えたことで、再チャレンジしてみようかなと思い付き、YouTubeにアップロードされているtapeloopの作り方解説の動画をみて無事に完成しました。

こちらの動画とてもわかりやすかったです!!!本当にありがとうございます!!!

【YouTube】monotribeとEl Capistanの動画をアップしました

今回はKORGのmonotribeとstrymonのEl Capistanを使用した動画を撮りました。

El Capistan(左)は超お気に入りのテープエコーシミュレーターです。スイッチを二つ同時に押しながらツマミを動かすことでsecondary functionにアクセスできます。更に細かいエディットが可能です!この動画では04:15あたりからスイッチ二つ押しをしてreverbの量を増やしています。

monotribe(右)はツマミを回したときの音色変化がとても気持ち良いです。KORGさんには是非とも後継機種を作って欲しいと思います。

【YouTube】littleBits KORG の動画を撮りました

こんばんは。秋は過ごしやすくて大好きです!秋最高!と思っていたら夜は寒くなってきて、ついに風邪をひいてしまいました。気をつけてくださいね。

今回はlittleBits KORG SYNTH KITの動画をYouTubeにアップロードしました。

2年前に購入してたまに遊んでいますが、ライブや音楽制作にも使っています。4ステップのmicro sequencerがミニマルな感じを演出してくれます。エフェクトペダル等を併用するとかなり面白くなります。

今回はシンプルな繋ぎ方で4分程度の動画を撮りました。追加したモジュールを太文字で表しました。

filterを追加して0:30くらいからのR2D2の声みたいな音がかわいく思えます。
最終的にmicro sequencer + oscillator + envelope + filter + delayという繋ぎ方にしました。

実は更にSYNTH KITのモジュールだけで繋ぎ方を変えて動画を撮りたかったのですが、splitモジュールの線が切れていました。残念(泣)またの機会に撮りたいと思います。

View this post on Instagram

I am sad. #littlebits #synthkit #broken #split

A post shared by Paina Atok (@painatok) on

【Release】アルバムExcursionをリリースしました album ‘Excursion’ is now available

Paina’s debut album ‘Excursion from ENPEG is now available. dark,experimental,noise,ambient, etc.
Please support me if you like😃

Apple Musichttps://goo.gl/Q6Etjd
Spotify : https://goo.gl/xyVEvW

Bandcamp : https://goo.gl/CSMkT9
iTunes:   ※MP3 only
amazonhttps://www.amazon.com/Excursion-Paina/dp/B01IOBIZ80 ※MP3 only

2016年8月12日にENPEGから10曲入りのアルバムExcursionをダウンロードでリリースしました。
ここ2年くらいのライブ活動でやっていたことをアルバムの中で表現できたと思います!ジャンルとしてはexperimental,noise,ambient,lo-fiのような感じです。DJの方にも是非使って欲しいと思います!

またfuzzやdistortion,delay,reverb等のエフェクトを多用しており、浮遊感のある曲もありますので、シューゲイザーな音が好きな方にも聴いてみてほしいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します!

Album Previewはこちらです

Bandcampが一番お買い得ですが、iTunes,amazon等でも購入できます。宜しくお願いします。※iTunesとamazonはMP3のみです

約2年前にHeadphone Scienceとイベントで共演したことがリリースのきっかけとなりました。

イベント当日はとても和やかな雰囲気で、Headphone Scienceさんに「ライブよかったよ」みたいに褒めていただいたり、お互いに着ていたTシャツのお話もできてとても楽しかったです。

そして翌日にはHeadphone Scienceさんからアルバムリリースのお話をいただきました。

ENPEGはアメリカのカリフォルニア州オークランドにあるレーベルです。
契約書やバイオグラフィー、ライナーノーツなど提出書類が全て英語のため不安でしたが、ENPEGの代表も務めるHeadphone Scienceさんがメールのやりとりの中でとても親切にサポートしてくださいました。また、weblio翻訳やgoogle翻訳が非常に便利でした。

発売日が決まってからの告知では多くの方々から反響があり、とても嬉しいと同時に驚きました!
TwitterでのRTやツイート本当にありがとうございました。

そしてプロモーションの一環で、人生初のMVつくりに挑戦しました!(ENPEGはリリース告知に伴いMVを公開しています。)

使用した曲はアルバムExcursionから7曲目のEmitです。監督、撮影、編集をしました!
※フラッシュを多用しているため、部屋を明るくして離れてみてね

編集にはiMovie10.1.2をつかいました。iMovieの10.1.2はファイルの書き出し時に品質が選べるようになっており、綺麗に書き出すことができます。(ProResを選択して書き出しました。)

この機能を使いたいがためにMacのOSをMavericksからEl Capitanへアップグレードしました!(MavericksのiMovieではこの書き出しの品質が選べなかったのです)

曲をつくっている最中は特に映像的なイメージはないのですが、完成した曲を聴いてみるとぼんやりとイメージが沸いてくることがあります。そんなイメージに近づいたので良かったです!

また、ENPEGもMVをつくってくれました。こちらはとても面白い映像になっているのでご覧ください。画面中央に何かが浮かんできます!
曲はアルバム3曲目のCuriosityです。

多くの方々のサポートとご縁でアルバムをリリースできたと思います。これからも音楽活動を続けていきますので、宜しくお願いします!