【2014年夏の旅行】ベルリンからハンブルク(バスで移動)

berlinlinienbusベルリンリニエンバスはとても綺麗なバスで快適でした。
バスのチケットは日本で予約をしました。価格は15ユーロでした。
出発前に運転手さんが荷物を積んでくれます。そのときにチップを渡しました(1ユーロか2ユーロ程度)
——————————————————————————-
宿を8時にでてBerlinZOBへ向かいました。通勤ラッシュだったらこの荷物は迷惑だよなぁ~と思っていたら、乗った電車はガラガラ!落ち着いて電車に乗る事ができました。

Berlin Messe Nord/ICC駅でおりてバス乗り場までは地下道を歩きました。(徒歩10分弱)

ベルリンリニエンバスのチケットは日本で予約をしました。(15ユーロでした)
プリントアウトした乗車チケットとパスポートをバスに乗る時に見せて本人確認は終了です。
預ける大きい荷物は運転手さんが丁寧にバスの荷物室へ積んでくれます。
このときに他のお客さんがチップを渡していたので、私も真似して2ユーロ渡しました。

バスはとても綺麗でした。私は2階の窓側の席に座りました。

2階席の一番前は目の前の景色が楽しめます。
RIMG0150

テーブルもついていて便利でした。
RIMG0154

床は木!足を置く装置もありました。
RIMG0159

時間通りにハンブルグZOBに到着しました。日差しの強さに驚きました!
RIMG0161

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

広告

【2014年夏の旅行】コペンハーゲンからベルリンへ(バスと船で移動)

・計画はしっかり立てましょう!旅行初心者は宿や乗り物のチケットも日本でとっておいたほうが良いです!

——————————————————————

コペンハーゲンに滞在する日数を決めていなかったため、コペンハーゲンからベルリンへのユーロラインズのチケット(バス→船→バス)はコペンハーゲンで調達しようと思っていました。しかし、うまく調達できなかったため、出発の朝にコペンハーゲン駅近くのバス乗り場に並びGråhundbusのベルリン行き当日券を購入しました。(値段は正確には覚えてないのですが、40ユーロくらいだったような記憶です。意外に安かった印象でした)

私はデンマーク語はもちろんのこと英語もあまり話せないため、泊めてくださったデンマークの友人が心配し、当日朝バス乗り場まで連れて行ってくれて、交渉してくれました。本当にお世話になりました。

運転手さんに直接ユーロで支払いチケットを購入しました。

RIMG2344

バスの運転手さんにバスにトイレがあるか聞いたら、ないと言われたので、近くのDGI-byenという建物でトイレをかりました。受付の美人お姉さんが電話中だったためトイレの暗証番号をなかなか聞けずにいたら察してくれて、暗証番号を書いた紙を見せてくれました。親切でした。

ハンドルの上のボタンを押してロック解除でした。

IMG_2700

コペンハーゲン出発の日はとても天気がよく、緑が映えていました。この日のバスは綺麗で乗車率が低く、座席二人分をつかってゆったりと風景を楽しむことができました。

港に到着するとバスを降り、船へ乗り換えます。快晴で、日差しはかなり強かったのですが、大きい海を見ながら、風を感じることができてとても気持ちがよかったです!!!(もちろん船の中で過ごすことも可能です。売店やレストランもあります!)

RIMG1397

大きい船です

RIMG1403

船内は広くて綺麗で快適なのですが、外にいる方々が多かったです!

RIMG1433

そして船はドイツのロストクに到着します。

こちらの動画はロストクに到着直前の動画です。iPod Touchで撮りました。

ロストクからは用意されているバスに乗りベルリンで降ります。ロストク出発前に入国管理をしている人にバスの中でパスポートの提示を求められ提示しました。(スタンプは押されない)

コペンハーゲンから約7時間でベルリンBerlinZOBに到着(旅行1日目に来たところなのでちょっと懐かしい!)

「さて宿でも探しますか〜!」と軽い気持ちでしたこの時は。。。

続く

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

 

【2014年夏の旅行】テーゲル空港到着(ベルリン)

羽田空港からドーハ空港まで約11時間ドーハ空港からテーゲル空港まで約4時間
乗り換え時間含めて約18時間をかけてベルリンのテーゲル空港へ到着しました。

預けていた荷物も難なく受け取ることができましたが、wifiが入らず少しばかり不安でした。

インフォメーションでwifiについて聞いたらCOFFEE FELLOWSとバーガーキングの店内で無料wifiが使えるとのことでCOFFEE FELLOWSというカフェにドキドキしながら入りました。

ドイツで初めての注文、会計は緊張しましたが、イケメン店員さんがジェスチャーを交えて教えてくれたおかげで無事にスプライトを飲むことができました。(氷の入ったカップを渡され、席でペットボトルのスプライトを手酌するスタイル)wifiも入っており、FacebookへI am OKと投稿しました。

テーゲル空港内のCOFFEE FELLOWSおすすめです。
RIMG0072

COFFEE FELLOWSをでてバス乗り場を目指しました。キョロキョロキョロしていたら先ほどのイケメン店員さんが「どこにいくの?」ときいてくれました。私は駅名をかいたメモを指しながら「ろーぜんたーらー、」と言うと「ついてきて」みたいな感じでバス乗り場まで案内してくれたのです!

バス乗り場の係員さんに私の目的地を伝え「店にもどるね!」と言うイケメン店員さんに改めてお礼を言っていたら、バス乗り場の係員さんは乗るバスの番号と乗り換えの駅をメモしてくれた路線図マップを渡してくれました。
なんと親切な人達なんでしょう!!!

路線図マップとバスの乗車券
RIMG0076
ドイツではこの乗車券でバスと電車とトラム(路面電車)に乗ることができます。

バスは大きくかなり綺麗で、入り口も広くてとても乗りやすかったです。運転手さんの後ろの席に座り目的地まで行きました。(65Lバックパックを足元に置く事ができました)

急に大雨、雷になりました。バスの中から激写!
RIMG0079

公衆電話からドイツ留学中の友人へ電話をかけて一年ぶりの再会!おすすめのケバブと生ビールを一緒に食べました。友人はドイツ語ペラペラなのですが、あえて私一人で注文しました。(うまく注文できませんでした笑)

ケバブと生ビールはびっくりするほど大きく、美味しかったです!!!
こちらのお店です!
RIMG0098

次に筋肉ムキムキのノリの良い店員さんのいる酒屋で瓶ビールを飲みました。こちらの酒屋さんには外にベンチとテーブルが設置されていました。

その後、Kaiser’s というスーパーで買い物をしました。友人Tさんが一緒だったので、心強かったです!

買い物の手順
1.ベルトコンベアに前のお客さんの商品と自分の買う商品を分ける目印の棒を置きます。(前のお客さんが棒を置いてくれることが多いです)
2.カゴから商品を自分でだしてベルトコンベアに載せ、載せ終わったら目印の棒を置きます。
3.挨拶をする(グーテンターク! 私はHelloと言われることもありました)
レジの店員さんがスキャンした商品を片っ端から自分の用意した袋にいれていきます。(テキパキと!笑)いろんな種類、大きさの買い物袋も買えるので袋を買うときは一番最初にスキャンしてもらいます。
4.全部スキャンしてもらい会計です。(ほぼ毎回クレジットカードで支払いました)
5.挨拶をする(ダンケシェーン! 私はシェイシェイと言われることもありました。)

友人に美味しいケバブや買い物の仕方、Bitte,Leckerというドイツ語を教えてもらったことで適応力が大幅アップして、素晴らしい初日となりました。

ありがとうTさん!!!

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

【2014年夏の旅行】ベルクハインに入れませんでした(ショック!!!)

『ベルリンに行くならBerghainに行ったら良いよ!』とアドバイスを受けこの旅行でもベルクハインを楽しみにしていました。行列に並び20分くらいでしょうか。いざ自分の番(見た目で判断の入場審査)になると入り口の4人組のおじさんの一人にNoと言われ(No?と聞き返してもNoと言われ)泣く泣く帰ってきました。

『ベルクハイン最高だった!』とか『伝説のベルクハインに行ってきました!』というブログが多い中、ベルクハインに入れなかったという記事をここに投稿致します!!!

この日の出演者はとても豪華だったようで、ベルクハインの入り口までには長い行列ができていました。

入場NGの人たちも結構多く、NGだった人の中には再度並び直す人もいました。

また機会があったら挑戦したいです!

暗い中、Ostbahnhof駅からベルクハインまでの徒歩移動は少し不安でしたが、無事に行けた点はよかったです☆

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html