【2014年夏の旅行】カタール航空について

カタール航空のエコノミークラスを利用しました。快適でした!(私は身長165センチメートル体重63kgです。)
CAさんがフレンドリーな感じがとても良かったです。機内食も想像以上に美味しくて驚きました。
ビールやワインや水を飲んで快適な時間を過ごす事ができました。
羽田空港⇔ドーハ空港は大きな機体で、各席にUSBポートがついておりiPod Touchの充電ができました。
機内照明がかなりムーディーでした(笑)トイレも綺麗でした。
やはり機内はかなり乾燥するのでマスクなどで乾燥対策しましょう!
ロストバッゲージもなく、預けた荷物に汚れもなく良かったです。

行きの羽田空港でも、帰りのテーゲル空港でも搭乗手続きはとてもスムーズに済みました。受付の方々はどの空港でも親切でした。

羽田空港→ドーハ空港で乗り換え→テーゲル空港
のためチケットは2枚です。(チケットは黄色いカタール航空の封筒にいれてもらえます)
そして、「乗り換えする人ですよ~」という目印に手荷物には黄色いタグをつけてもらえます。

黄色いタグ
RIMG2347

アメニティ
RIMG2363

機内食のメニュー
RIMG2332

メニュー日本語ページ(Flickrには英語とイスラム語のページもアップロード済みです)
RIMG2338

機内食の一部
IMG_2344
IMG_2325
IMG_2332

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

広告

【2014年夏の旅行】準備、計画、心得

海外一初の海外一人旅の行先はドイツのベルリンとハンブルク デンマークのコペンハーゲンに決めました。
理由はテクノ好きの友人が「パイナくんはベルリン行ったほうがいいよ〜!」とお勧めしてくれたことと、コペンハーゲンへライブを中継したときにGoogle Mapでみたストリートビューに感激したからです。
そしてタイミングよく7/10にハンブルクにてSculptureのライブがある事を知り、ハンブルクにも行く事にしました。

パスポート
2014年の4月に10年用を取得しました。
「パスポートは肌身離さずにね!」と友人からアドバイスをいただき、シークレットウエストポーチを購入しました。※シークレットウエストポーチのベルトのカチっと閉まる部分がしっかりしたものを手にいれました。

海外旅行保険
【off!】という海外旅行保険(5500円くらい)とクレジットカードのEPOSカードについていた保険です。

航空券、宿、バスの予約

・航空券
DeNAトラベルで格安チケットを購入。燃油サーチャージ込み往復93000円くらいでした。航空会社はカタール航空でした。(カタール航空とても良かった!!
羽田空港→ドーハで乗り換え→ベルリンのテーゲル空港(帰りはテーゲル→ドーハ乗り換え→羽田)ドーハでの乗り換えは2時間くらいと丁度よかったです。
チケット購入の際は乗り換え時間もしっかり確認しましょう。

航空券の日程からおおまかに計画をたてました。実は10日間くらいの旅行を予定していたのですが、復路の希望日がことごとく【空席なし】だったため14日間になりました。
早めに計画を立てたほうが希望の日程でチケットを購入しやすいと思います。

出発
1日目昼 ベルリン到着
2日目 ハンブルグへ移動
3日目 Sculptureのライブを観にいく
4日目 夜行バスでハンブルグからコペンハーゲンへ移動
5日目 コペンハーゲン到着
6日目 未定
7日目 未定
8日目 未定
9日目 未定
10日目 未定
11日目 未定
12日目 未定
13日目 未定
14日目 未定
15日目夜 ベルリンから日本へ帰国

未定が多いのはコペンハーゲンからベルリンに行く日を決めなかったためこのような計画になりました。

・宿
ホテルズドットコムのサイトで予約。
念のため部屋の予約と料金は支払済という画面をプリントアウトして持って行きました。

・バスの予約
ベルリンからハンブルグはバスで移動 → berlinlinienbus(ベルリンリニエンバス)で予約
ハンブルグからコペンハーゲンもバスで移動 → eurolines(ユーロラインズ)で予約

プリントアウトしたものがバス乗車チケットとなるため忘れないように持って行きました。

※2014年7月に旅行したときのことを書きました。この記事を参考にしてトラブルが起きたとしても私やブログは一切の責任をもてませんのでご了承ください。旅行の際はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。

海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html